開国の父 老中・松平忠固
開国の父 老中・松平忠固

お知らせ

〇 日本列島(朝)
ライジングサンが日本列島を照らす。

 

〇 江戸湾(朝)
朝日がキラキラと反射する水面。
鮮やかな緑の山の稜線と美しい海岸線。
湾内に見える一艘の和船。
湾奥に進むにつれて、和船の数が爆発的に増えていく。

 

〇 久里浜沖(朝)
岬を抜けると、巨大な千石船が現れる。
千石船に映る巨大な影。
その奥には千石船の20倍もの大きさの黒船が出現する。
停泊している4隻の黒船。
黒船の周りを数え切れない和船が埋め尽くしている。

 

〇 軍艦サスケハンナ・甲板
水兵達が大砲など所定の位置に就き、戦闘配備している。
静けさの中こだまする2発の発砲音。
2本の煙が上がっているのが見える。

 

〇 同・艦橋
副官が後ろを振り向く。
副官「アドミラル・ペリー」
パイプを持つマシュー・ペリー(59)、窓ごしに煙を見る。
ペリー「狼煙・・・か」

 

〇 同・甲板
ガシャン、ガシャンと金属音。
次々と鎖が投げ入れられ、そのうちの幾つかが手すりに引っかかり始める。
投げ入れた鎖を次々と登り始める忍者の群れ。
混乱しつつも、鎖を外したり、サーベル、ピストルを見せつけてけん制する水兵達。

 

〇 同・艦橋
副官がペリーに指示を仰ぐ。
副官「このままでは侵入を許します、発砲許可を」
ペリー「だめだ、発砲はするな」
副官「ですが」

 

〇 同・甲板
忍者の投げたロープで海に転落する水兵。
煙幕と共に忍者の群れが甲板に上がる。
ペリー・副官「!」
水兵達が一斉にライフルを構える。
副官「アドミラル!」
パンパンという発砲音。
ペリー・副官「!!」
音と共に煙幕の中に消えていく忍者達。
ペリー・副官「・・・」
『アイキャンスピークダッチ』の声と共に仏語の横断幕を掲げた和船が近づいてくるのが見える。

 

〇 江戸城・外観
荘厳な城郭。

 

〇 同・老中部屋・内
『阿蘭陀風説書』『外国事情書』等の書物、世界地図等がうずたかく積まれている。
阿部伊勢守正弘(33)、牧野忠雅(54)松平乗全(58)が報告を受けている。
乗全「観音崎‐富津岬間の打ち沈め線外で食い止めたか」
牧野「4隻のうち2隻は黒煙を吐いておると…、蒸気船というやつですな、阿部殿」
阿部「パタヴィアの別段風説書、オランダ商館長クルシウスの申した通りとなったな。乗全殿、伊賀守殿は?」
乗全「伊賀殿?。知りませぬ」
牧野「この一大事にどこに…」

 

〇 崖の上
三頭の騎馬が黒船艦隊を見下ろしている。
騎馬の後ろには複数の付き人達。
望遠鏡を覗く佐久間象山(42)。
象山「蒸気船の長さは40間。大砲の数は左のコルベットは24門、右は28門、中央の蒸気船は12門、艦隊全体で60門余り。乗員は2千名と推定されまする」
左右に騎馬に乗る石河政平(49)と井戸覚弘(47)。
井戸「で、でかい…、我が国最大の千石船の20倍か。拙者が長崎奉行時代に相手したプレブル号と比べても5倍はある…」
石河「船内で火を燃やして外輪を回す…。噂は真であったか。それにしても伊賀守様、大丈夫ですか」
中央の馬上に松平伊賀守忠優(39)。
忠優「何がだ」
石河「いえ、阿部様に御了解を取らずにここまで来てしまって」
忠優「フッ、何を言っておる、石河。心配すべきはこの国の行方。我の地位ではあるまい。貴様も初めてか、井戸」
井戸「長崎でも噂だけで。まさかこれ程とは」
石河「勘定奉行として、断じて戦はせぬべきかと」
忠優「旗印はエゲレスでなくメリケン国…。そしてやはり発砲せぬ…。ふふふ、天は我らに味方せり。行くぞ。象山、ご苦労」
忠優を先頭に馬を走らせる三名。
男の声「あの御方はどなたじゃろう」
象山「ん?」
象山が振り向くと、付き人の一人、坂本龍馬(19)。
象山「お前ごときには教えられん」
龍馬「何を言っちゅう。土佐の田舎者に教えたところで先生の威光は曇らんきに」
象山「それもそうじゃ。あの方は我が旧真田上田藩主にして御老中、松平伊賀守様じゃ」
龍馬「御老中!」
象山「うむ。そしてわしはあの方の・・・、友じゃ」
龍馬「えー、象山先生はそんなに偉いのか」
象山「そうじゃ。もっとわしを尊敬せい」
颯爽と馬を走らせる忠優ら。
その先に浮かぶ黒船艦隊。

 

タイトル『日本を開国させた男/日米和親・修好通商条約締結物語』

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 All Rights Reserved.