開国の父 老中・松平忠固
開国の父 老中・松平忠固

記 事

【150】忠固の左腕・井戸覚弘≫

長崎奉行・井戸覚弘

忠固の右腕が勘定奉行・石河政平だとすれば、左腕は長崎奉行・井戸覚弘』と言えます。

井戸覚弘は忠固が大坂城代へ昇進した同じ年に、目付から長崎奉行に昇進します。

そして忠固が老中となって翌年に起きた事件が『プレブル号事件』であり、その対応をしたのが井戸です。

これは、ジェームス・グリン中佐を艦長とする米国戦艦プレブルが長崎に来航、米国人遭難者13名と日本で初めて英語を教えたジェームス・マクドナルドを引き取った、という事件です。

 

 

 

忠固老中就任の翌年、北町奉行に

プレブル号事件が終結するとすぐ井戸は江戸に戻され、嘉永2年(1849年)8月4日北町奉行に就任し、江戸内閣入りします。

グリンも既にビッドルの柔和政策の失敗を意識して、断固とした姿勢を見せました。

その辺りのアメリカという国の肌間隔、やはり同時期に来航したセシーユ提督のフランス、そしてアヘン戦争のイギリス、など最新の情報が阿部・忠固内閣にもたらされたと言えるでしょう。

ペリー来航4年前、また一つ準備が整いました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 All Rights Reserved.