開国の父 老中・松平忠固
開国の父 老中・松平忠固

記 事

【160】ペリー上陸で演奏された『アルプス一万尺』≫

ペリー上陸、軍楽隊の演奏と共に

ペリー艦隊が浦賀に現れて7日目。

ついにペリー提督以下、300名の海兵隊員が日本に上陸します。

上陸と共に、アメリカ国歌が軍楽隊によって演奏されました。

あのアメリカ国歌をバックに勇壮と行進するペリー以下のアメリカ軍。

イメージしただけでドラマチックです。(私の脚本でも当然描いています)

 

 

 

アルプス一万尺が演奏された

国歌の他には、祝典を盛り上げるため快活な演奏が行われました。

演奏されたの曲は、現在でも日本でおなじみな曲たちです。

 

Yankee Doodle

日本でいう『アルプス一万尺』ですね。上陸時の行進曲として演奏されました。

Oh Susana!

この1年前にジョン万次郎が日本に初めて伝えました。

Camptown Races

邦題:草競馬。クイズダービーでも流れていました(笑)

 

どの曲も現代でも、そして日本人でも誰もが知っている曲で、すごいですね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 All Rights Reserved.