開国の父 老中・松平忠固
開国の父 老中・松平忠固

記 事

【161】アメリカの沖縄政策はペリー当時から始まった≫

浦賀来航前に琉球へ

あまり知られていないかもしれませんが、ペリー艦隊は浦賀に来る前に琉球に寄っています。

1953年5月26日(嘉永6年4月21日)、那覇に入港します。

首里城訪問を拒否されたペリーは武装して進軍、入城を果たします。

下記の画像はその時のものですが、ペリー一行は料理を歓待されたものの、琉球が用意したもてなしは清国からの冊封使に対するよりも下位の料理で、暗黙に拒否の姿勢を示しました。

 

 

 

アメリカの沖縄戦略はペリー当時に始まった

艦隊は琉球を発った後、小笠原諸島の調査に向かいます。

そして北上し江戸を目指すと思いきや、再び琉球に戻るのです。

江戸に向かうのはその後、薩摩藩が統治する琉球ですので当然ペリー来航の報は伝わっています。

さらに、江戸湾での交渉後3度目の那覇に入り、この遠征で実に合計5回も琉球を訪れるのです。

アメリカにとって琉球がいかに地政学的な要衝かということがわかります。

現在に続くアメリカの沖縄政策は当時から始まっていると言えます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 All Rights Reserved.