開国の父 老中・松平忠固
開国の父 老中・松平忠固

記 事

【165】第一次ペリー来航まとめ≫

ペリー来航トリビア

記事以外のペリー第一次来航トリビアをまとめます。

・出会いの第一声は蘭通訳:堀達之助「I can speak Dutch !」

・初対面は浦賀奉行与力:中島三郎助と堀、副官コンティと蘭通訳ポートマン

・交渉に当たった与力:香山栄座衛門をアメリカ側は浦賀奉行と認識していた

・日本側は中国語・オランダ語に堪能なのはもちろん、科学の一般原理や世界地図におけるニューヨークやワシントン・イギリス・フランス・デンマーク・その他欧州諸国の場所を知っていた

・艦内見学の際、大砲を見て「パクサンズ砲」と言い当て、蒸気機関を見ても驚きの色を見せなかった

・ペリーは「猿島=ペリー島」、「夏島=ウェブスター島」「打ち沈め線(観音崎~富津岬)=ルビコン岬」「根岸湾=ミシシッピ湾」と名付けた

 

 

 

沈黙の国書授与式

・ペリー上陸の際、ペリーの両脇には背の高い屈強な黒人兵2名

・国書授与式では、両者が席について数分間、沈黙が続いた

・2人の少年が国書を運んだ

・国書受領した本物の浦賀奉行である戸田氏栄伊豆守と井戸弘道石見守は一言も発しなかった

・国書授与式はわずか20分程度だった

・艦隊の滞在期間は9日間だった

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 All Rights Reserved.