開国の父 老中・松平忠固
開国の父 老中・松平忠固

記 事

【170】ロシア、幕府直轄地を占領≫

日露史

ペリーと同時期に来航したプチャーチンによって、現代に連なるロシアとの歴史が始まります。

ヨーロッパに位置するロシアが日本と接触するまでの歴史を振り返ります。

・1636年/イヴァン・モスクヴィチがロシア人として初めてシベリアを横断、太平洋側に到達。

・1700年/幕命により松前藩が『十州島(北海道)、唐太、千島列島、勘察加(カムチャツカ)』からなる蝦夷全図と松前島郷帳を作成

・1701年/日本人漂流民・伝兵衛らとウラジミール・アトラソフが出会い、日本とロシアが初めて接触

・1706年/カムチャッカがロシアによって占領

・1739年/ヴィトゥス・ベーリング探検隊が房総などに来航、日本は北方に『ロシア』という国があることを認識

・1741年/ベーリングがユーラシアと北米との間の海峡(ベーリング海峡)にたどり着きく

・1744年/ロシアへの対応の為、蝦夷地を松前藩から幕府直轄地とする(1821年まで)

・1806年/レザノフ事件(樺太・択捉島の幕府直轄地をロシアが攻撃)

・1809年/間宮林蔵、樺太が半島でなく島であることを確認

 

 

 

ロシアが幕府直轄地を占領

『短期間にこれだけの領土をロシアはどうして獲得できたのか』という疑問が下記で分かります。

シベリアを流れる河川を使って、これだけ広大な領域を移動することに成功しました。

そして、プチャーチンが来日しているまさにその時、南樺太の幕府が統治するアニワの都市・クシュンコタンをロシアが占領するのです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 All Rights Reserved.